箱根神社 初詣の混み具合は?回り方や見どころ注意点なども!

名所・公園

関東の総鎮守大権現と崇拝された神社であり、関東でも強力なパワースポットとしても有名な箱根神社

箱根神社のお守りの御利益は子宝に効果があると評判で、箱根三社である箱根神社隣の九頭龍神社と駒ヶ岳の箱根宮本を合わせて参拝することで、健康・恋愛・縁結び・仕事・願望実現などの運気をバランス良く上昇させると言われています。

この記事では、年始に箱根神社へ行った主婦の方の口コミ情報から、混雑状況やオススメ情報などをご紹介します。

スポンサーリンク

箱根神社の初詣 混雑状況は?

行ってみると、初詣に訪れた人達で大変混雑していました。

時間の関係で三社全部を巡ることは出来なかったのですが、箱根神社の入り口から山の上にある神社付近まで見上げるほど、沢山の人達が並んでいました。

それでもその時は、石段を上って行く途中に結構な数の屋台が出ていたので、小腹を満たしたり友人とお喋りを楽しんだりしながら、長蛇の行列に並んで参拝して来ました。

お正月とあって、石段を上がり切った先では甘酒が振舞われていていましたよ。私は飲まなかったのですが、友人は「美味しい」と言って飲んでいました。

箱根神社の回り方は?

お札所は石段の上と下の二か所にあり、お札やお守りはそこでお受けします。お守りの種類も仕事や健康から恋愛まで沢山あり、おみくじも引くことが出来ます。

御朱印は、第4鳥居横の駐車場に面した南のお札所で受け付けています。古いお札を納める際は、御社殿を正面にして右側の竜宮門右手に納札所があります。

箱根神社の見どころは?

芦ノ湖の遊覧船に乗ると、『平和の鳥居』が湖面に建っている姿を見ることができます。石段が湖面のすぐ側まで続いているので、陸面からでも歩いて向かうことも可能です。

また、往復時のバスの車窓からは、鳥居の御柱を見ることができます。

箱根神社周辺のおすすめグルメは?

箱根神社付近には幾つものお食事処がありますが、「権現からめもち」さんでは、柔らかくて美味しいお餅が食べられます。

ただ、評判が良く人気があることから混んでいることが多いので、混雑覚悟で行ってみてください。

子連れでの注意点は?

箱根神社に子ども連れや赤ちゃん連れで行く際には、スニーカーを履いていくことをおすすめします。ヒールなどの高い靴はNGですね。

神社の入り口からは石段が続き、神社に辿り着くまでも少し距離があるので、足元を軽くしておいた方が、お子さんを抱っこして歩いた時の負担が違うと思いますし、三社を全部巡るならば、なおさらです。

それと、神社ですので子供が遊べるレジャー施設と違い、元気盛りの子供達では初詣などの何かイベント理由がない限りは、楽しいと言える場所ではないので、退屈してしまうかもしれません。

箱根三社と言われる箱根神社・九頭龍神社・箱根元宮は関東でも有名な強力なパワースポットで、三社を巡ることであらゆる運気をバランス良く上げるといわれていますが、子どもたちが退屈してしまうことを考慮すると、友人や恋人等の大人同士で行った方が良いかもしれません。

服装の注意点は?

寒さ対策としてあらかじめ厚着をし、カイロを持って行きました。しかし、それでも寒すぎたのか途中から頭痛がおきてしまい、持参していた鎮痛剤を飲むはめに…。

周辺には食事をする場所があったため、そこでご飯がてら休憩することが出来たので助かりましたが、冬季は体調にお気を付けください。

少し暖かい季節に行った方が、身軽で良いと思います。

スポンサーリンク

箱根神社へのアクセス方法など

■所在地は?

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1 です。

■アクセス方法は?

箱根神社には最寄り駅がないため、バス利用となります。

移動時間の目安は、箱根登山鉄道「箱根湯本駅」からバスで40~50分くらい。元箱根バス停で下車し、徒歩10分くらいになります。

また、「小田原駅」からは伊豆箱根バスで60分くらい、「熱海駅」「三島駅」からもそれぞれ60分くらいになります。

車で行く際は、180台収容出来る駐車場を無料で使用することが出来るので、時間を気にせずゆっくりと拝観することが出来ると思います。

■箱根神社の入場料は?

拝観は自由ですが、宝物殿に入る際は大人500円・小人300円の料金がかかります。

時間は、9:00~16:30までです。

さいごに

奈良時代より関東屈指の山岳霊場としても名を轟かせていた箱根三社権現(はこねさんしょごんげん)は、山岳信仰の中心地として多くの信仰を集めていたと伝えられています。

今回は初詣ということで人が混雑する中に行き、神社に辿り着くだけで随分時間を要してしまい、駒ヶ岳の箱根宮本に行くことが出来ずに終わってしまいました。

次回は箱根三社全部を訪れることが出来るよう、イベントシーズンを避け、時間に余裕を持ち、ゆっくりと三社巡りをしたいと思っています。(40代 会社員)

 

ーこの記事を書いた人ー
このなび編集部 旅行や家事など子育てに関する情報をママさん目線で発信しています!

 

タイトルとURLをコピーしました