足立美術館の見学所要時間は?回り方や見どころ ランチ情報なども!!

テーマパーク

記事の内容は掲載した時点での情報ですので変更になっている場合もあります。お出かけ・ご利用の前には「公式サイト」のあたらしい情報確認もお忘れずに!!

オススメ観光スポットの上位に度々ランクインし、テレビでも何度か取り上げられている「足立美術館」。

枯山水の庭園はまるで絵画のようで美しく、気が付けば言葉もなく眺めていました。

今回は、島根県安来市にある「足立美術館」の見学所要時間をはじめ、回り方・見どころ・ランチ情報などもご紹介します

スポンサーリンク

足立美術館の見学時間の目安は?

足立美術館の見学に必要な所要時間は2時間程度ですが、見方によっては1時間で見終わったという方もいます。

じっくりと見学する人の中には4時間という方もいるらしいのですが、公式情報では「2時間以上」なので、2時間くらいを目安にしてみてはいかがでしょうか。

【開館時間】
4月~9月:9:00~17:30
10月~3月:9:00~17:00

足立美術館の回り方・見どころは?

足立美術館の見どころは「庭園」です。アメリカの日本庭園専門誌が実施する「日本の庭園ランキング」では、たびたび日本一に選ばれているんだそうですよ。

創業者である足立全康の「庭園もまた一幅の絵画である」との言葉通り、5万坪に及ぶ広大な庭園は、窓と言う額に区切られ、大きな絵画が飾られているようです。

入り口へ入るとまずは、歓迎の庭がお出迎えしてくれ、中に進むと苔庭が広がり、小石で縁取られた緩やかな曲線が、川の流れをイメージさせます。

枯山水庭

そして、見えてくるのが足立美術館の主庭となる枯山水庭。

芸術的に配置された木々や、向こうに広がる山々の風景が一体となった枯山水庭は、言葉を失うくらいの美しさです。

入園口からは想像できないほどの広い敷地には驚かされました。

実はこれ、「借景」と言いまして、途中までは美術館の敷地なのですが、道路を挟んだ後ろの山々は風景をお借りして雄大な絵画となっているのです。

種明かしを聞いても、どこに道路があるのか、どこまでが美術館なのか、全くわかりませんでした。

亀鶴の滝

枯山水庭を少し位置をずらして山側を見ると、亀鶴の滝という人口の滝が見えます。勢いよく流れ落ちる水が、庭園に流れ込んでくるようで動きを感じます。

更に坪庭を過ぎて池庭に進むと、鯉が泳いでいます。鯉にも気品が漂っていて、餌をもらいにがっついてくる様子もなく、お行儀よく優雅に泳いでいます。

生の掛軸

また、面白い鑑賞スポットとして「生の掛軸」があります。床の間の壁がくり抜いてあって、建物の向こう側の風景を切り取り、掛軸のように見えます。

一瞬写真かと思ったのですが、他の観光客の方が横切ったので、庭だと気づきました。ちょっとした遊び心を忘れないのがユニークですね。

白砂青松庭

そして最後に広がるのが、「白砂青松庭」です。画家の横山大観の名作「白沙青松」をイメージして造られた庭園だそうで、白い砂の小山に松が配置され、絶妙なバランスです。

私は、ここが一番気に入り、20分ほど滞在しました。

横山大観

足立美術館は「美術館」ですから、もちろんきれいな庭園だけでなく、貴重な美術作品を数多く展示していますよ。

横山大観をはじめとする、竹内栖鳳、川合玉堂など、絵画や陶芸作品が数多く展示されています。

足立美術館近くのランチ情報

駐車場の横に「両國・鮨」というお寿司屋さんがあるんですが、ランチタイムは数量限定のにぎり寿司が食べられますよ。ただ、お値段はちょっと高めです。

また、駐車場の敷地を出たところには「どじょう亭」というドジョウ料理のお店があるんですが、こちらはリーズナブルですよ。

あと、美術館入り口を通り過ぎて、さらに民宿を通り過ぎた先には、喫茶店もあります。「藤芳お食事処」という、ご夫婦で経営されている喫茶店です。

私たちは人混みをさけてこちらのお店で食べたのですが、親子丼がオススメですよ。

スポンサーリンク

足立美術館の混雑状況は?

金曜日のお昼前に行ったのですが、安来ICからは渋滞もなく美術館へ到着できました。

駐車場には一般車が3分の1程度で、観光ツアーの大型バスがたくさん停まっていましたが、それほど混雑といった感覚はありませんでした。

足立美術館での注意点はある?撮影は可能?

撮影

庭園は撮影できるのですが、美術品は撮影禁止になっていますので注意してくださいね。

服装

美術館は2階建てで、本館、陶芸館、新館に分かれており、全部見て回るとかなり歩きます。所々にエスカレーターもありますが、スニーカーなど歩きやすい服装をオススメします。

ベビーカー

ベビーカーの貸し出しはありますが、貸し出し数は2台と少ないので、必要な場合は持参した方がいいですね。

足立美術館の入場料はいくら?

入館料は、大人2,300円 大学生1,800円 高校生1,000円 小中生500円です。

たびたび足を運ぶ方様に、6,000円で2年間有効のフリーパスも販売されていますよ。

足立美術館の割引・クーポン情報

コンビニでチケットを購入すると、100円ほど安く買えます。

購入できるコンビニは、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップです。

小・中学生のチケットはコンビニで購入できませんので、現地で購入してくださいね。

また、入館前には窓口で、入館チケットとの交換が必要です。

足立美術館へのアクセス方法は?

所在地:島根県安来市古川町320

<足立美術館周辺地図>

【車なら】
山陰道「安来インターチェンジ」から約10分です。
駐車場は無料で、400台収容できます。

【電車なら】
JR「安来駅」で下車。無料のシャトルバスで約20分です。

まとめ

足立美術館はまるで、自分が絵画の中に入り込んだような、ゆったりとした時間が流れる美術館でした。

目的地までの通過地だからと軽い気持ちで立ち寄っただけだったのですが、期待は良い方に裏切られましたね。

来館されていた他の方々も所々で足を止めては、静かに日本庭園を楽しまれていましたよ。

 

ーこの記事を書いた人ー
このなび編集部 旅行や家事など子育てに関する情報をママさん目線で発信しています!

 

タイトルとURLをコピーしました